トイレの水漏れを修理する費用はいくら?

トイレの水漏れを修理する費用の相場はいくら?

 

 

トイレ,水漏れ,修理,費用,相場

 

 

トイレの便器からチョロチョロと水漏れするときは、
トイレの水を貯めるタンクの中の部品が故障しています。

 

 

水を出したり止めたりするボールタップの故障、
貯まった水を流したり貯めたりする弁の故障などが原因です。

 

 

自分でなおすと時間がかかるだけでなく、
状況をさらに悪化させる危険性がありますので、
プロにお任せすることを強くおすすめします。

 

 

このページでは、トイレの水漏れを修理する費用をご紹介していきます。

 

 

 

トイレの水漏れを修理する費用

 

 

トイレ,水漏れ,修理,費用,相場

 

 

トイレの水漏れを修理する費用は、
下記に作業費1万円ほど追加した価格が目安になります。

 

 

工事内容

費用

パッキンの交換

4,000円前後

タンク内部品の交換(タンク脱着なし)

6,000〜12,000円

タンク内部品の交換(タンク脱着あり)

8,000〜16,000円

フラッシュバルブの交換

8,000〜11,000円

トイレタンクの交換(内部金具含む)

15,000〜18,000円

止水栓の交換

8,000〜11,000円

ボールタップの交換

8,000〜11,000円

給水管の交換

5,000円前後

ロータンク密結パッキンの交換

10,000〜11,000円

ロータンク給水管パッキンの交換

8,000〜11,000円

ロータンク給水管の交換

10,000〜13,000円

ゴムフロートの交換

8,000〜11,000円

ロータンクサイフォンの交換

10,000〜13,000円

 

 

 

トイレの水漏れを修理するときの注意点

 

 

・専門知識がない場合はムリに自分で直さない

 

 

専門知識がない人が修理することはおすすめしません。

 

 

水漏れの原因を特定するのに時間がかかるだけでなく、
よけいに状況を悪化させてしまうケースも少なくないからです。

 

 

時間や労力を無駄にせず、確実に直してもらえるプロに任せたほうが安心です。

 

 

 

・床の変色を放っておくと危険

 

 

トイレの便器の下から水が漏れて床が変色することがあります。

 

 

放っておくと、下地が劣化しておおがかりな工事になり、莫大な費用がかかることがあります。

 

 

一刻もはやくリフォーム会社に修理してもらうことが大切です。

 

 

 

・水漏れの原因を過剰に申告される

 

 

水漏れの修理ではなく、タンクごと交換をすすめられるケースが稀にあります。

 

 

数万円ほどぼったくりにあう危険性がありますので、
提案内容があやしいと思ったらすぐに消費者センターに相談しましょう。

 

 

なお、専門知識がない場合、提案内容があやしいかどうか判別するのは難しいです。

 

 

そこで、複数のリフォーム会社から見積もりと提案をもらうことが大切です。

 

 

複数の会社に頼めば、ほかの会社で提案された内容を伝えて
ぼったくりではないかどうかを相談に乗ってくれる可能性が高いからです。

 

 

結果的に大損しなくて済みます。


トイレリフォーム一括見積サイト比較ランキング 失敗しない業者の選び方 費用を安く抑えるポイント