トイレの床を張り替える費用

トイレの床を張り替える費用の相場

 

トイレ,和式,洋式,交換,変更,費用,相場

 

 

トイレの床を張り替える費用の相場は、2〜3万円です。

 

 

耐水性のあるクッションフロアや複合フローリングが使われることが多いです。

 

 

クッションフロアであれば、ビニール製で安くおさえられます。

 

 

張り替えのタイミングは約10年です。

 

 

剥がれやひび割れがあると、水や汚れが下に入り込んでしまいます。

 

 

カビを発生させる原因にもなりますので、
劣化に気づいたらすぐに張り替えるのがおすすめです。

 

 

複合フローリングは、複数の板を張り合わせて、
表面に天然木を貼り付けたものです。

 

 

張り替えのタイミングは10〜15年です。

 

 

床がたわしんだり、きしみ音などの床鳴りがする場合は、
床の下地が傷んでいる危険性があります。

 

 

放っておくとおおがかりな工事が必要になる場合もありますので、はやめの工事が大切です。

 

 

 

トイレの床を張り替えるときの注意点

 

 

トイレ,和式,洋式,交換,変更,費用,相場

 

 

既存の床と異なる床材を使った場合、段差ができる場合があります。

 

 

ドアがしまらなくなったり、つまずいて転ぶおそれがあり危険です。

 

 

これを未然に防ぐためには、
リフォーム会社から現地調査をしてもらいましょう。

 

 

使っている床材の厚みを調べてもらい、
同じくらいの厚みの床材にしてもらうとよいですね。

 

 

 

トイレの床の張替え費用を安くするには3社から見積もりをとろう

 

 

トイレ,和式,洋式,交換,変更,費用,相場

 

 

トイレの床の張替え費用を安く抑えるためには、
最低3社のリフォーム会社から見積もりをとることが大切です。

 

 

3つ理由があります。

 

 

1.リフォーム費用の相場がわかる

 

 

床の状況により費用はかわりますが、
3社から見積もりをとることで工事の相場がわかります。

 

 

もし、1社からしか見積もりをとらなかった場合、
素人では費用が高いのか安いのか判別できません。

 

 

適正価格で床を張り替えるならかならず最低3社から見積もりをとりましょう。

 

 

 

2.複数のプランを比較できる

 

 

リフォーム会社によって提案の仕方が異なります。

 

 

あなたにこだわりがある場合は特に重要な要素です。

 

 

どんな建材を使うのか、その建材を使うことで得られるメリットはなにかなど、具体的な説明とともに比較することであなたやあなたの家庭にとって最適な選択肢を見つけることができます。

 

 

 

3.同じメーカーを採用しても費用がかわる

 

 

同じメーカーの便器・便座・タンクを使う場合でも、
リフォーム会社によって費用がかわります。

 

 

会社によって人件費や便器等の仕入れ値がちがうからです。

 

 

メーカーから一度に便器・便座・タンクを大量に購入している会社は、
1台あたりの仕入れ値が安くなります。

 

 

その分、リフォーム費用も安くおさえられる可能性が高いわけですね。


トイレリフォーム一括見積サイト比較ランキング 失敗しない業者の選び方 費用を安く抑えるポイント