トイレの便器・便座・ウォシュレットを交換する費用

トイレの便器・便座・ウォシュレットを交換する費用の相場

 

便器,便座,ウォシュレット,交換,費用,相場

 

 

トイレの便器・便座・ウォシュレットのリフォームは5万円もあればできると思っていませんか?

 

 

ホームセンターやチラシには商品代のみが表示され、
工事費が含まれていない場合もあるので無理もありません。

 

 

実は、商品代のほかに処分費や作業費を入れると
10万円ほどになることが大半です。

 

 

ここでは具体的に便器のタイプ別の交換費用をご紹介していきます。

 

 

 

タンク付きトイレ・タンクレストイレ・収納一体型トイレの費用

 

便器,タンクレス,交換,費用,相場

 

リフォーム内容

費用

タンク付きトイレに交換する

8〜20万円

タンクレストイレの交換する

15〜35万円

収納一体型トイレに交換する

35〜60万円

 

タンク付きトイレは、部屋のスペースをとるものの、費用はダントツで安いです。

 

 

予算に余裕がある場合は、タンクレストイレをおすすめします。
空間がスッキリとして開放感を感じられるからです。

 

 

停電時に水が流せなくなったり(※)、
タンク付きトイレと比べて水流が弱いですが、
日常で使う分には使い勝手に不便を感じることはありません。

 

 

収納一体型トイレは、快適さを保つために1坪以上の広さが必要です。

 

 

ですが、最上級にオシャレな空間を
つくることができるのも捨てがたいですね。

 

 

※停電時の対処方法は、各メーカーでマニュアルに用意されています。

 

 

 

トイレの床・壁・天井の内装工事費用も上乗せされる?

 

トイレ,床,壁,天井,費用,相場

 

リフォーム内容

費用

床・壁・天井の内装を一新させる

+5万円

 

便器のみを交換すると、トイレが置いてあった床部分がむきだしになってしまう場合があります。

 

 

タンクレストイレや収納一体型トイレでスタイリッシュに仕上げても、
これでは見た目が悪いです。

 

 

床や壁の内装工事が必要になることも
考えておいたほうがよいでしょう。

 

 

 

和式トイレを洋式トイレにする費用は?

 

トイレ,和式,洋式,費用,相場

 

リフォーム内容

費用

和式トイレを洋式トイレにする

+10万円

 

和式トイレを洋式トイレにする場合は、床の内装工事や配管工事が必要です。
大がかりな工事になるため、費用がかさみます。

 

 

具体的にどれくらいの費用が掛かるのかは、
リフォーム会社に現地調査してもらうと確実です。

 

 

最低3社から見積もりをとることで、工事の相場がわかります。

 

 

その中から最適な提案をしてくれた会社に依頼するとよいですね。

 

 

500万円未満のリフォームは素人でもできてしまいます。

 

 

欠陥工事になる危険性があるため、
自分で探すことはおすすめできません。

 

 

そこで、リフォーム一括見積サイトがおすすめです。

 

 

国家資格をもつ業者のみが登録しているため、
安心して依頼することができます。


トイレリフォーム一括見積サイト比較ランキング 失敗しない業者の選び方 費用を安く抑えるポイント