トイレを和式から洋式に交換・変更する費用

トイレを和式から洋式に交換・変更する費用の相場

 

トイレ,和式,洋式,交換,変更,費用,相場

 

 

トイレを和式から洋式にリフォームするとかなり使い勝手がよくなります。

 

 

洋式トイレは和式トイレと比べてひざや腰に負担が圧倒的に小さいです。

 

 

温水洗浄機能があるとおしりを隅々までスッキリしてくれますし、
便座暖房機能は寒い時期でも座るときにヒヤッとして身震いすることがありません。

 

 

今からトイレを和式から洋式に変更するときの費用や工期、
お得なリフォーム方法をご紹介していきます。

 

 

 

トイレを和式から洋式に変更するリフォーム費用

 

トイレ,和式,洋式,交換,変更,費用,相場

 

 

トイレを和式から洋式に変更する工事は、便器の交換だけでは済みません。

 

 

床や壁をリフォームすることが一般的です。

 

 

相場は、30〜50万円になります。

 

 

トイレの種類やグレードによって変わりますので、下記の表を参考にしてみてください。

 

種類/グレード

組み合わせトイレ

35〜40万円

38〜45万円

41〜50万円

一体型トイレ

41〜45万円

45〜50万円

47〜55万円

タンクレストイレ

47〜53万円

51〜55万円

55〜60万円

 

組み合わせトイレは、便器・便座・タンクそれぞれを組み合わせたものです。
こちらが最も普及しています。

 

 

一体型トイレは、便器・便座・タンクが一体型のトイレです。

 

 

タンクレストイレは、タンクがない、便器と便座のみのトイレです。
スペースをとらないのでスッキリします。

 

 

下記はトイレを和式から洋式へ変更するリフォームの事例です。

 

工事内容

費用

既存の便器・便座・タンクの撤去・処分

60,000〜70,000円

床・壁の下地補修

70,000〜80,000円

クロスの張り替え(15u)

13,000〜15,000円

洋式便器

80,000〜90,000円

紙巻器

2,500円

電気設備工事

25,000〜30,000円

給排水衛生設備工事

50,000〜60,000円

諸経費

30,000〜40,000円

合計

355,500〜387,500円

 

 

このほか、オプションで追加費用がかかります。

 

工事内容

費用

コンセントの設置

10,000円

コーナータンクの設置

20,000〜30,000円

給水管移設工事

商品によって大きく変わります

 

 

コーナータンクは、トイレが狭いときに部屋の角にタンクを設置する場合に必要です。

 

 

工期は半日をみておけばよいでしょう。

 

 

ただ、コンクリートで仕上げる場合は、
コンクリートが乾くまで待たないといけないため、
数日におよぶこともあります。

 

 

 

介護保険を利用して最大18万円の補助金をもらうには?

 

トイレ,和式,洋式,交換,変更,費用,相場

 

和式トイレを洋式に変更するリフォームでは、介護保険を利用できる場合があります。

 

 

その条件は2つです。

 

 

  • 介護認定を受けている方がいる
  •  

  • バリアフリーを目的としたリフォームである

 

 

介護認定のレベルに関係なく、支給額は1人あたり最大18万円です。

 

 

リフォーム費用が20万円の場合、9割の18万円をもらうことができます。
1割の自己負担で済むわけです。

 

 

工事費用が20万円になるまで何度も利用することができますので、
ケアマネージャーに相談してみるとよいですね。

 

 

 

トイレを和式から洋式にリフォームするメリット

 

トイレ,和式,洋式,交換,変更,費用,相場

 

 トイレ,和式,洋式,変更,費用 水道代が安くなる

 

 トイレ,和式,洋式,変更,費用 掃除がしやすくなる

 

 トイレ,和式,洋式,変更,費用 足腰への負担が小さくなる

 

 

洋式トイレのほうが水流を調節しやすいため節水しやすく、水道代が安くなります。

 

 

和式トイレの場合、便器から水が跳ねるため、床が汚れやすいです。

 

 

洋式トイレは床が汚れにくいため、少ない頻度でサラッと拭くだけで掃除ができます。

 

 

和式トイレでは、しゃがみこんで用を足さなければならないため、足腰に大きな負担がかかります。

 

 

お年寄りの方がいる場合は、洋式トイレに交換して、手すりを取り付けるとグッと負担が小さくなりますね。


トイレリフォーム一括見積サイト比較ランキング 失敗しない業者の選び方 費用を安く抑えるポイント