トイレのつまりを修理する費用はいくら?

トイレのつまりを修理する費用はいくら?

 

トイレ,つまり,修理,費用

 

トイレのつまりを修理する費用は下記のように決まります。

 

基本料金+作業費+材料費+出張費

 

このページではトイレのつまりを修理する費用の相場をご紹介しています。

 

 

 

トイレのつまりを修理する費用

 

工事内容・内訳

費用

基本料金 3,000〜5,000円
出張費 3,000円
配管のつまり除去 8,000〜15,000円
高圧洗浄機使用・戸建て(1時間) 15,000〜20,000円
高圧洗浄機使用・店舗/マンション(1時間) 35,000〜45,000円
トーラー機使用(3mまで) 13,000〜18,000円
パッキンの交換 〜5,000円
フラッシュバルブの交換 7,500〜8,500円
トイレの取り外し 5,000〜8,000円
ロータンクや便器の交換 18,000〜25,000円
ウォシュレットの取り付け・取り外し 7,000〜9,000円

 

 

 

トイレのつまりの修理費用を安くおさえるには?

 

トイレ,つまり,修理,費用

 

よほど状況が悪くないかぎり、トイレのつまりはすべて込みで1万円ほどでなおすことができます。

 

 

ロータンク内のボールタップやフロート管・排水弁などの
部品を新しく交換しない場合、
1万円を超える修理はほとんどありません。

 

 

ただ、トイレのつまりをなおすだけにもかかわらず、
それ以外の工事を提案される場合もあります。

 

 

少しでも高い費用で工事を請け負うのが業者の役目だからです。

 

 

1社からしか見積もりをとらなかった場合、
見積もり額が安いのか、高いのかも判別しにくいです。

 

 

そこで、最低でも3社から見積もりをとることをおすすめします。

 

 

同じ工事内容でもより安い費用を提示してくれる業者が見つかる可能性がグンと上がります。

 

 

 

トイレのつまりを修理するときの注意点

 

トイレ,つまり,修理,費用

スッポン(ラバーカップ)を使ってトイレのつまりを修理してもなおらなかった場合、ムリに自分でなおそうとすることはおすすめしません。

 

 

特に、ウォシュレットは水まわりにある電化製品なので、扱いが繊細です。

 

 

専門知識がない方が自分でなおそうとすると、よけいに状況を悪化させる危険性があります。

 

 

自分でするよりも値段は張りますが、安全にトイレのつまりを直すならプロに任せるのが賢明です。


トイレリフォーム一括見積サイト比較ランキング 失敗しない業者の選び方 費用を安く抑えるポイント